観光スポット

村上水軍博物館

大島観光スポットをご紹介いたします。

村上水軍博物館 能島水軍ロマンの里、宮窪・村上水軍博物館。
西瀬戸の海に囲まれた豊かな自然とレジャー施設も充実。
カレイ山展望台 展望台から伯方大島大橋、能島城跡、船折瀬戸の急流が見下ろせます。
また、キャンプ場、遊歩道等も楽しめます。
亀老山 標高307.8mの亀老山展望公園は、大島の南端に位置し、瀬戸内海国立公園に指定されています。パノラマ展望台ブリッジからは、世界初三連吊橋「来島海 峡大橋」と日本三大急潮のひとつ「来島海峡」の潮流、晴れた日には四国山脈の中に連なる西日本最高峰「石鎚山」を眺める事ができます。また、来島海峡大橋 のライトアップや今治市の夜景もきれいで、様々な顔を持つ景色をお楽しみ下さい。
よしうみバラ園 約2.8haの敷地に400種6,500株のバラが植樹され、オールドローズのような繊細な花形や香りで、モダンローズのように四季咲きで、近年関心が 高まっているイングリッシュローズのバラが新たに植栽された他、平成11年5月に西瀬戸自動車道(しまなみ海道)開通記念に、フランス随一のバラの庭園 「ライ・レ・ローズ」からナポレオン皇妃ジョセフィーヌが収集したオールドローズ「ジョセフィーヌ・コレクション」など約100種が移植され、これだけの 種類のオールドローズが一同に植栽されているのは、日本でも数少ないバラの公園です。
バラの開花時期は5月中旬~12月末までで、最盛期は5月中旬~6月上旬と10月中旬と11月上旬です。
島四国 88ヶ所めぐり 弘仁6年(815)、弘法大師が42歳のときに人々に災難を除くために開いた霊場が四国霊場と伝えられ、各札所の縁起にも弘仁年間の開創が記されていま す。平安末期頃からは真言宗の僧侶達が大師ゆかりの地を遍歴することが行われるようになって、四国八十八ヶ所もその修行の道場として順拝が盛んになりまし た。人間には88の煩悩があり、四国霊場を八十八ヶ所を巡ることによって煩悩が消え、願いが叶うといわれています。